養生シートや数々の工業製品で生活を支える

作業員

生活の軸

建設現場

ベアリング、少し機械や工業製品を知っている方なら聞き覚えのある単語だと思います。しかし、普段の生活では表舞台に立つことがない工業製品と言えます。表舞台に立つことが少ないベアリングですが、その役割は実に多岐にわたっています。そもそも、ベアリングは日本語で軸受けと呼ばれる製品で、殆どの機械製品で利用されている部品です。その軸受けの名の通りに、機械の接合部分に用いられることが多く、力と力を上手く伝える橋渡しの様な存在です。そのため、活躍の場が機械の内部になることが多く、私達の目に映る事はそう多くないのです。しかし、この部品がなければ様々な機械は高性能化、高機能化を果たすことが出来なかったとも言えます。機械製品は、それ一つで機能を持ち得ますが、その内部的構造は、様々な動力を発生、伝達する機械群によって構成されています。一つの動作を達成するためには、実に多くの動力とその伝達が必要になってくるのです。これらの機械同士の衝突を防ぐための折衝担当として、このベアリングが活躍しているのです。

ベアリングは機械部品には欠かすことが出来ないものです。機械の性能を向上させるだけではなく、機械の省エネ化という場面でもベアリングの見えざる活躍が活かされているのです。動力のデコヒーレンスを如何に抑え、コストダウンを図るといった部分も、まさにベアリングの独擅場と言えます。そんな重大な任務を帯びたベアリングも、構造自体は実にシンプルです。基本的には4種類の部品から構成されています。そのシンプルさ故に、様々な機械製品にアレルギー反応も無く溶け込めると言えます。